ショック!水没から簡単に復旧する方法

すぐにやっておきたいこと

iPhoneを水没させてしまった場合は、とにかく素早く水の中から取り出します。その時に、少しでも水分を取り除きたいからと、iPhoneを激しく降ってしまいがちです。ところがこれは内部に水を入れてしまう原因になるため、絶対にやってはいけません。そこでまず行いたいのは、タオルで表面の水を拭くことです。これをしておかないと、iPhoneの隙間からどんどん水が入り込んで、余計に症状が悪くなる可能性があるのです。
そして、ある程度水気がなくなったら、iPhoneは立てておきましょう。理由はスピーカーやイヤホンジャックから内部にある水を出すためです。もしもあまり水が出てこないのであれば、ティッシュを細く丸めて穴に入れ、掃除をしておきましょう。

徹底的に乾燥させましょう

iPhoneにはSIMカードというものが入っています。購入した時に取り外すための道具が付属されていたはずなので、それを使って取り出しておきます。もしもSIMカードや入っていた場所も濡れているなら、しっかり拭いておくのを忘れないようにしましょう。
ドライヤーなどを使って乾かしても構いませんが、熱を加え過ぎるのも良くないため、冷風を使っておきたいです。その後はビニール袋にiPhoneと乾燥剤を入れて密封します。乾燥剤が手元にないなら、お米でも代用できます。ひとまずその日はそれでしのぎ、次の日に乾燥剤を買ってくると良いです。
二、三日放置してから電源を入れて様子を見ます。使えるならSIMカードを戻せば良いです。ただし、まったく反応しない場合は、素人にできることはないため、修理を請け負っているお店に任せるのが無難です。

iPhoneの画面割れが起こった場合、どうすればいいでしょうか。修理業者へ来店するのが早いですが、もし行く時間が無かったり店舗がない場合はサポートに相談をしましょう。交換対応できる場合があります。