これで安心!防水加工でiPhoneを守ろう

水没のリスクを最小限にできる

iPhone修理を行っているお店は、防水加工サービスに対応していることもあります。トイレに落としたり、服に入れたまま洗濯してしまうなど、水没のリスクは意外と多いものです。防水加工をしておけば、水没してしまったときに故障する確率も少なくなります。透明な特殊液体で全体をコーティングするだけなので、iPhoneの見た目は全く変わりません。触ったときの質感が少し違うくらいで、今まで使っていたケースもそのまま利用できます。料金は5000~7000円が相場となっていて、修理と一緒に依頼することで割引される場合もあってお得です。即日対応してくれるお店がほとんどなので、受け取り期間を気にする心配もありません。

防水加工後に注意しておきたいポイント

防水加工の効果は生活防水なので、水中でそのまま使うのは避けたほうが良いです。短時間の水没なら全く問題ありませんが、長時間水に漬かってしまうと故障のリスクは大きくなってしまいます。水没してしまった場合はすぐに電源を入れず、しっかり乾燥させてから使うようにしましょう。水没した後に濡れたまま使ってしまうと、基盤が故障する可能性も高くなってしまうでしょう。飲み物をこぼしてしまったり雨に当たったときには、表面の水分を拭き取れば大丈夫です。防水加工後に万が一不具合が発生したら、加工を依頼したお店へ持っていってみて下さい。お店によって保障内容が違うので、加工を依頼するときには忘れずチェックしておきましょう。

iphone5sの修理で最も多いのは画面の修理です。画面は面積が大きく、うっかり落としてしまった際に割れてしまうことが多いです。